みもざの小道

mimozaroad.exblog.jp
ブログトップ

タグ:憧れの島へ ( 16 ) タグの人気記事


2006年 06月 22日

御蔵島日記~船旅①

6月17日(土)
大阪はくもり/晴れ⇒雨。
梅雨だし、雨は覚悟の上。当然さ・・・と思いながらも、東海汽船は御蔵島につくのか・・・と不安がよぎっていました。
そんなときに、お世話になった船頭さんOさんからTEL。「船は御蔵につかないかも・・・」
不安とともに出発・・・。

新大阪につくと、なんと中村玉緒をみかけました(笑)。
これは運がいいのか???
こんなこともあるんだなぁなんて思いつつ、お弁当を買って新幹線に乗り込みました!

全て一人で計画して、初めての場所に行く一人旅は初めて・・・。
どきどきと不安と・・・お弁当を食べた後も眠ることはできず、落ち着かないまま外を眺めていました。

そして東京駅に。
すると、これまたすごい偶然が・・・。ゴロゴロと荷物をひっぱっていっていたので、エレベーターに乗るためにエレベーターのところに行くと・・・・あの『五体不満足』を書いた乙武さんがいました。びっくり!

これは・・・・やっぱり運がいいのか???なんて思いながら、JR山手線で新橋へ。そしてゆりかもめにのって竹芝に向かいました。d0028749_21174658.jpg


やってきました~竹芝桟橋!!!ガイドブックにのっている光景にどきどきでした。

d0028749_21171430.jpg
待合には釣りのお客さんでいっぱいでした。どうやら18日かに三宅島で釣り大会があるとか・・・。たくさんのおっちゃんに・・・少々びびってしまいましたが;
予約表を乗船券にかえてもらい、後は船にのるだけ。
受付のおねーさんには「条件付ですが」と念をおされ・・・アナウンスは「御蔵島は~条件付~」と・・・。
時間までちょっぴりお買い物を。竹芝桟橋についたら必ず買おうと思っていた本『みくらの森は生きている』を購入し、いざ船へ~!!

船旅start~♪
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-22 21:45 | 御蔵島
2006年 06月 11日

憧れの島へ⑤~御蔵島~

ダイビングを始めて5年。
そろそろ、どうしても’イルカに逢いたい’夢を叶えたくなりました。

ずっと憧れていた島・・・御蔵島・・・。
小笠原諸島にも憧れていますが、まずは御蔵島・・・。

正直、まだ十分泳ぐ力はないと思います(スイミングスクールに通ってはいるけど;)。
でも、水面でぱちゃぱちゃでもいい!!
イルカがそばにいる海に行きたい。
イルカの泳ぎを海でみてみたい。

まずはその夢を叶えに御蔵島に行ってこようと思います♪
d0028749_151674.jpg
御蔵島は、船が着岸しにくい島だそうです。
梅雨時期でもあり、、、どうなることやら。
私、大物運が全然ないんですよね。
御蔵島自体にたどりつけない可能性もあるだろうなって思います。

それでも、こうやって’行こう’と思えたことには意味があるだろうし、これから何度でもチャレンジすればいいし!(着岸できなかった時を想像して、自分で言い聞かせてます 苦笑)

まずは来週末、御蔵島目指してみます☆

d0028749_15183811.jpg
← ちなみに何かの本のイルカを写しちゃいました(笑)お気に入りです♪

ずいぶん長い御蔵島までの道のりを書いちゃいましたが、、、はぁスッキリ☆
こんだけの思い入れもあったもので、今回の御蔵島は一人旅。
それもどきどきです。どんな旅が待っているかな~!

帰ってきたら、またお話聞いてくださいね~(笑)!!!
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-11 15:25 | 日記
2006年 06月 11日

憧れの島へ④

大学に入学した私は、、、「イルカと逢う」という夢は持ち続けつつも、日々の勉強とクラブ活動に燃えていました(笑)。
この4年間は本を買ったり、写真集を買ったり・・・ということからは少し離れていました。
とにかくクラブのことで頭がいっぱい(笑)。

でもイルカ好きには変わりなく、イルカのアクセサリーをみれば’欲しいな’と思いつつも、いやいや、実際にイルカと出逢ってから記念に買うぞ!とか思っていました。

今でも覚えていますが、大学4回の時に海遊館のイルカのところで、30分近く眺め続けていましたね;しかも、初デートの時だったような(笑)。相手も呆れただろうな・・・。(かわいい思い出ですね なんちって)
でも、本当に久々にイルカに釘付けになった時だっと思います。

大学を卒業し、あれやこれやしながら、、、ダイビングを始めることになったんですね~。。。

もちろん「水が怖い」を克服したわけでもなく、、、’イルカに逢いたい’という夢を叶えたい・・・という気持ちの山がきていたんでしょうね、おそらく。
その勢いにのり、大学時代、電車の中からみえていたダイビングショップに足を運んだんです。
そこからがダイビングのはじまりです☆

水が怖いわけなんで、、、やっぱりOWの時は大変でした。
マスククリアができないんだし;
半分パニック。
それでも、妙に根性だけあって、、、お風呂場でマスクとシュノーケルをつけて練習し、海洋実習もクリア。

’イルカに逢いたい’と思いながら、気がつくとちびっ子ハゼたちに魅せられ、水の感触や水の中にいる心地よさに癒され・・・。
この5年間はイルカのことをどこかで思いつつも、ダイビングで潜ることに夢中だったように思います。
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-11 15:11 | 日記
2006年 06月 11日

憧れの島へ③

いろいろな本を読んだり、TV番組をみたり・・・イルカに逢う方法のひとつにダイビングがあるということを知ったは高校に入ったころだと思います。

ダイビング・・・かなり縁のないスポーツだろうな・・・と思っていました(笑)。
もちろん、高校生の私にはダイビングを始める金銭的な余裕もなく、勇気もなく・・・。
ただ、イルカの写真が載っているということだけで、ダイビング雑誌を購入するようになりました。
まだ大切に宝物としておいているんですよね♪
d0028749_14482522.jpg

一番古いものが、1994年「Diver」ですね。
イルカのページだけ観て、他のお魚には全く関心もなく(笑)。
今、この雑誌をみると、けっこうおもしろいんですよね!!

高校2、3年生・・・大学受験という大きな課題がありました。
進学することに疑問もなく・・・受験しようと思っていましたが、、、、そう進路です。
けっこう悩ましかったです。
何を勉強しに、大学へ行くのか・・・。
私は何がしたいのか・・・。
やっぱりイルカに逢いたい・・・という夢はしっかりあったので、
水族館で働くためにはどうすればいいのか・・・。
イルカのトレーナーになるにはどうすればいいのか・・・。

でも、ひっかかっていたのが「水が怖い」ということ。
泳げない私がどうしてイルカと泳げるんだ・・・と。

それに、妙に生真面目だった私は、野生のイルカに逢うために、イルカに逢ってもらえるだけの人間にならなきゃ、イルカには逢えない!なんて思っていたんですよね;
イルカに逢うために、必要なことを身につけなきゃ・・とか(笑)。
こころの底では、イルカの癒し・・・というものに憧れていたし、逢えば何か感じるところがあるはずだ・・・って思っていて。
ただ、興味本位でイルカに逢いにいっては失礼だ・・・とか、今思えば変なこと考えていました。
癒し・・・一方的に癒しを求めるんじゃなくて、イルカと対等?になりたい(笑)とか、思ってたような。。。対等な立場になって逢いたい・・・とか。ほんとに固い人間でした(大笑)。
そういう部分も多少手伝って、こころの勉強をする道を進路として選んだんですよね。。。

振り返ると、イルカの影響力ってすごい・・・なんて思ってしまった;
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-11 14:57 | 日記
2006年 06月 11日

憧れの島へ②

はじめて手にした本がジャック・マイヨール著『イルカと、海へ還る日』でした。
そして、もちろん映画『グラン・ブルー』も観ました!!
d0028749_14341924.jpg
ますますイルカと一緒に泳ぐことに憧れるようになりました。
野生のイルカと泳ぎたい・・・。
そのためにはどうすればいいんだろう・・・。中3かな、高校1年生の頃にはそのことばかり考えていたような気がします。

d0028749_14344875.jpg
イルカによってこころを癒された・・・という人の話。
どこの海でイルカに逢えるのか・・・。

本屋に行けば、イルカの本を探し、写真集を眺め・・・。

イルカが好きだぁ~イルカに逢いたい~といっても、私はイルカについて生物学的な知識を身につけようという気はさらさらなく(苦笑)、ひたすら本を読んでは憧れて、写真を眺めては癒されて・・・逢いたい、逢いたいなぁとつぶやいていたのでした;

d0028749_14394355.jpg
イルカに逢いたい・・・。
ではどうすればいいのか・・・。
水が怖いし(苦笑)。
プールは小学校の時にしかなかったし・・・。
でも、泳げないとダメだよなぁ・・・。
いろいろ思っていました(笑)。
でも、まだ中・高校生ということもあり、本を集めること、写真集を眺めること、映像をみること・・・それでずいぶん満足していたし、こころの支えにもなっていたような気がします。
この頃、何かで知ったイルカ・クジラについての団体の会員になり、ニュースレターをもらっては喜んでいました。(懐かしいぃぃ)
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-11 14:43 | 日記
2006年 06月 11日

憧れの島へ①

ずっと憧れていた島があります。
中学3年生ごろから気になっていた島です。

中学3年生ごろ・・・思春期真っ只中、友人関係に揺れることも多々ありました。
女子高という特有の空気に、微妙に馴染めなかったり、馴染んでいたり。。。
今、振り返ると微笑ましいような気もしますが、あの時はそれなりに必死でした。
そして、今だからこそ、思春期ってああいうものなのかな・・・とも思えたりしています。

この頃、TVのドキュメンタリー番組で’自閉症の子どもたちとイルカのふれあい’というものがありました。
偶然みた番組・・・一気にひきつけられました。
イルカには人を癒す力がある・・・そういう感じで、この頃から妙にイルカセラピー、アニマルセラピーが流行り始めた気がします。(こういったセラピーに賛否両論あるかとは思いますが)
[余談?ですが、その後私が大学入学するころには心理学ブームがやってこようとしていました。ちょうど高3あたりかな・・・「24人のビリーミリガン」など、多重人格という言葉がでてきたりして、心理学への関心が高まりつつあった時期です。私が大学入学してからは、心理学への人気は益々増していき、受験者数も増えていましたね;]
d0028749_14291150.jpg
私はしっかりイルカの魅力に魅せられ・・・「イルカ」とつくTV番組を探しては見ていました。
イルカの癒す力・・・私も癒されたい・・・そう思っていたんだと思います。
友人関係にしんどくなって、妙に孤独な気持ちになったりしてた時もあったんですよね、たぶん。
そんな私を癒してくれるのはイルカしかいない!!なんて思っていた頃です(笑)。

次第に、自分のしんどさは関係なく、とにかく’イルカに逢いたい’と思うようになりました。でも、イルカに逢う・・・というと、水族館しかないなぁっていうぐらいの知識しかなく・・・でもイルカに近づきたくて・・・・イルカの書籍やら写真集を集めるようになりました。
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-11 14:30 | 日記