みもざの小道

mimozaroad.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:御蔵島( 11 )


2006年 07月 01日

御蔵島日記~おわりに。

これで御蔵島日記、終了となります。
長かったでしょう(笑)???

でも、ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました。
まだまだ書き足りないこともいっぱいです。

御蔵に行く前、行っている時にも応援してくださった方々、ありがとうございます。




その後、歯医者さんチームのNさん、Kさんとは連絡をとっています。Uさんはまだパソコンがつながらないらしい(笑)。お電話でも一度お話しもしたり。
お互いに大阪、東京行くときには連絡しよう!と話してました。
嬉しいな♪



私の方は、、、ずいぶん御蔵熱からおさまりつつありますが、こうやって思い返すといろいろな気持ちがでてきます!
少しずつ御蔵島をもっと知りたいな・・・・という思い、
泳ぎがもっと上手になりたいという思い、、、
いろいろでてきました。

10数年らいの夢を叶え、これからがまたスタートだなぁなんて思っている今日この頃。
次のチャンスまではしっかり勉強して、働いて、頑張るぞ!と思っています。

さてさて、本当に長い、長い日記を読んでくださってありがとうございました♪
[PR]

by mimoza_road | 2006-07-01 20:57 | 御蔵島
2006年 07月 01日

御蔵島日記~お別れの時。

6月20日(火)
朝、5時過ぎ。島の放送で船は予定通りやってくるとのこと。
あぁ、今日もいいお天気なんだろうな・・・と思いつつ、再び眠りに。

8時の朝食に顔をだすと、すでに歯医者さんチームが。
挨拶をして、お食事を。

「今日、帰るんだよね?」とKさん。
「帰りたくないんじゃない」とNさん。
Uさんはそっと私をみてくれていました。

<帰りたくないなぁ・・・>

歯医者さんチームはお仕事、朝でお別れかもしれない。
お昼も会えるかもしれないし、それはわからない。
「また連絡するよ」
「診療所、覗きにおいで」と声をかけてもらい、
<お昼に会えそうになかったら、診療所に顔だすから>と、歯医者さんチームをお見送り。

私はのんびり帰り支度をして、島を散策しよう・・・と帽子をかぶってぶらぶら。

あっという間だったなぁ・・・と思いながら、
着いた日は雨だったな・・・、
イルカと泳いだのかぁ・・・
いろんな思いをめぐらしながら、カメラをもってぶらぶら。
d0028749_20214133.jpg
とっても急な坂。
でも、眺めはいい!
海も穏やかだぁ。




d0028749_20222716.jpg
昔も今もこの島の坂は変わらない・・・
どんなに道が整備されたとしても、この坂は変わらない・・・
『海暗』にも同じようなことが書かれていました。
本当にその通りだなぁって。
昔はこの道を歩いていたんだぁ。
今は車・・・。
でも、島は形を変えずにそこに在り続ける・・・。

そんなことを思いながら、一歩一歩踏みしめて歩きました。

診療所にも顔をだし、歯医者さんが真面目に(笑)働いている姿にほのぼの。
気がついたKさんが手を振ってくれました。

途中の御蔵の源水を買い、飲みながら島を歩き続けました。

d0028749_20281769.jpg

次は山にも行こう・・・。そう決めながら。

11時ごろ、島の放送。
船は12時50分に出航に変更。12時半までには手続きを!

出航が30分ほど早まった様子。
宿で最後の準備。
すると歯医者さんチームがお昼に戻っていました。
やった!!会えた!!

出発の時間、宿の前で見送ってもらいました。
名残惜しかった。。。。

桟橋に行き、手続きを。
宿のおばちゃんと島に来た感想、おばちゃんのお話を聞きながら船がやってくるのを待ちました。おばちゃんとは手続きをするために、手続きのための建物?に行き、船を待っていたんですが、桟橋の方をみると知っている姿・・・歯医者さんチームだ!!!

どうやら桟橋まで見送りに来てくれたようで・・・・。。。。

急いで桟橋に!
<ありがとう~>ににこにこ。
どれだけ嬉しかったか。
するとガイドをしてくれていたTさんも。船で撮った写真を持ってきてくれました。

d0028749_2034948.jpg

お別れ・・・・。
宿で別れたとき・・・涙がでそうだった。
でも、笑顔で。
桟橋でも・・・・笑顔!また会おう!連絡する!

背中を向けて船に・・・・やっぱり涙がでそうだった。帰りたくないな。

船に乗り込みデッキへ!
みんなが手を大きく振ってくれている。
私も手をふって、ふって・・・。いつまでもふって。
ふっと桟橋で作業をしている人の中に船頭さんが!
手を振ってくれていて。
ありがとう。。。ありがとう。。。
こんなに嬉しくて、でも寂しくて、不思議な気持ちは初めてで・・・。
手をふって、ふって、ふって・・・ついに涙がでちゃいました。

船の中でおもう。
[PR]

by mimoza_road | 2006-07-01 20:47 | 御蔵島
2006年 07月 01日

御蔵島日記~大満足の夜②

満腹の状態・・・外にでると少し肌寒いぐらい。
でも、空を見上げると満天の星☆

こんなに星がきれいにみえるとは・・・と眺めていると、流れ星が・・・。

Uさんに「流れ星~、ほら」と指差していると、めちゃくちゃ大笑いされてしまいました。
な、な、なんと・・・鳥でした。
確かに、、、、よーーーくみると、動き方が・・・・。まっすぐ動いたと思うとかくっと角度を変えていて、、、まっすぐ動いたところを勘違いしたようで・・・。
Nさん、Kさんにも笑われてしまった;

それでもほんとすごい星空。
そこに不思議な鳴き声。鳥・・・だけど・・・。
Nさんが「あれがカツオドリ(オオミズナギドリ)の声だよ」と教えてもらいました。
あれが・・・カツオドリかぁ・・・。「木に登る海鳥」と本で読んでいたので、本にでてきていた鳥を教えてもらえて嬉しくなっていました!!

カツオドリの声、あの流れ星に間違えたのもカツオドリだったらしく・・・、カツオドリかぁと思いながら、桟橋に向かってどんどん歩いていきました。
これがけっこう・・・すごい坂なんですよね。帰りはかなり大変そう;
でも、風がきもちよくて、みんなとワイワイ話すのが楽しくて・・・気がつくと桟橋に。

桟橋では島の人が釣りを。

そんな中、桟橋のさきっぽまでいくと波打ち際に光。
夜光虫。
なんともきれいな・・・はかない感じ。光っては消えて、光っては消えて・・・じっと眺めていました。

夜光虫を眺めたり、釣りをしている島の人と少しおしゃべりをしたり。これまたNさんの知り合いで。結局、あのすごーーーい坂を車で送ってもらいました!!

宿に戻り、、、さて宴会ーーー♪

ほっこり~。。。
[PR]

by mimoza_road | 2006-07-01 20:11 | 御蔵島
2006年 07月 01日

御蔵島日記~大満足の夜①

一日たっぷりとドルフィンスイムを堪能し、最高の時間を過ごし・・・。
ウェットやマスクや洗い終えると、あったかいお風呂に入り、夢心地。

気持ちいいぐらい身体は疲れていて、お風呂に入ると一気に眠気が・・・。

夕食は歯医者さんチームと合流することになっていたので、それまではしばし眠りにつきました。

18時ごろ・・・食事の準備もできていたので食堂へ。
おばちゃんとおしゃべりtime。
歯医者さんチームの午後は森の方へ出かけたりすると聞いていたので、帰ってくるのを待っていました。

が、、、なかなか帰ってこないので、、、おばちゃんからおいしいお酒をいただいちゃいました!めちゃくちゃおいしくて・・・一気に気持ちよくなり・・・・そんな中、歯医者さんチームが!!

ごめーーん、遅くなって・・・と、私がすでにお酒を飲み始めていることに大笑いされ、
みんなでお食事timeとなりました。

お医者さんチームは、森の方に行ったり、島に12回も来ているNさんが島の人たちにお茶に招かれたりと大忙しだったらしく、、、そのあるお家で作ってくれていた’ほうろく焼き’(*1)を私にもお持ち帰りしてくれました。その心づかいがすごく嬉しかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*1’ほうろく焼き’
「焙烙・ほうろく」は広いお皿の形をした素焼きの土器、あるいは浅く丸いお盆の形をした厚い鉄鍋で、かまどに乗せたり、鉄鍋の場合はイロリの自在カギにかけられるよう半円形の取っ手もついていて、昔はどこの家にもありました。子どもの頃、母が小麦粉を水にといて野菜などを適当に入れ、味噌や砂糖で味付けし、ほうろくで焼いてくれたおやつが「ほうろく焼き」。それが御蔵島に伝えられ、アシタバやレーズン、甘納豆などを入れ島の名物となっているそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メニュー
シイラとアスパラのお料理
これはかなり美味しかった!わたし好み☆

トビウオのお刺身
さっぱりとしていて、これも美味しかったなぁ。

お豆腐サラダ
食べ応えがあったなぁ。でも、これもどんどん食べれちゃう!って感じ。

アシタバのおひたし
なんともいえない苦味があるけど、昨日よりもおいしい!!と感じてました(笑)

アシタバそば
アシタバを麺に練りこんだお蕎麦。爽やかな感じで、日焼けとお酒でほてった身体にはたまりません(笑)。

おいもの煮たもの
おふくろの味~!!って感じかな。とってもやさしい味付け。
ほっこりします。

実は・・・このとき何を食べたのか・・・メモにとってなくて・・・記憶をたどるとこんな感じ。
もっとあったのかな・・・わからない~;;;

おいしい食事をしながら、みんなでわいわいおしゃべり。
イルカのことやら島のこと・・・。
まるで一緒にツアーに来たような、そんな錯覚さえ・・・。

Nさんがいろんなところを案内していたそうで、私も行きたかったという話をしたり・・・
すると食後に「夜光虫をみにくか?」と言ってくれて!
山にはいけないけど、夜光虫を観にいこう!!という話になりました。

しかも、私が今回御蔵に来て、船頭さんと話したいことがあったことなどを話していると、、、夜、少し時間があったら船頭さんにも顔だしてもらおう!!とNさん。
そして、運良く船頭さんに会うチャンスがあり、NさんやKさんが誘ってくれたのでした。

船頭さんが来るまでの間、夜光虫を観にいこう!!と満腹の状態で散歩をすることに・・・。

と思いきや、、、、散歩というか・・・なんというか(笑)。

つづく
[PR]

by mimoza_road | 2006-07-01 19:37 | 御蔵島
2006年 06月 28日

御蔵島日記~夢叶う②

お昼・・・夢の中。

身体は思っている以上に疲れていて、ほとんど横になって過ごしていました。
目を閉じると、イルカの目・・・色・・・・動き・・・。
でも、実感がなく・・・ただただ夢中だったなぁ・・・と。

そして、海に入ることにいい意味で怖さを感じずに泳げていて・・・。
でも、もっと潜りたい・・・もっと寄り添いたい・・・と思いながら、うとうと・・・。

午後の迎えがきて、再びチャレンジ。
午後のボートには島の人やイルカを研究している外人さんなどベテランさんばかり。

やっぱりお天気はいいままで、海況もばつぐんの状態。
d0028749_21321462.jpg

何度か群れをみつけては潜ってを繰り返しました。
今回カメラを一応持っていっていたのですが、2回ぐらいしか持って入らず。
ファインダーごしにイルカをみているのがもったいないというのと、傍にいくこと、一緒に泳ぐことに夢中で、カメラは・・・ほとんど使う余裕がなく。
そのため、あのすごいイルカたちの群れ、青い海を言葉でしか伝えることができないのです。。
が、、、、私の失敗作品も紹介しておきます。
ほんとに失敗。
でも、それほど傍によってきてくれたんですよ。
私が腕を縮めないとぶつかるよ!!というぐらい。
船頭さんが「うしろーーーー」と叫ぶぐらい、真横を通ってくれていたり。

d0028749_2135881.jpg
きゃーーーーあぶないよぉぉ。
ほぉ~~・・・。
あっ、目があった・・・。




d0028749_21354578.jpg
おっと・・・・・。
あれ?顔をとりたかったけど・・・・。
動きが速いよぉ・・・。
カメラがおいつかない・・・・。


イルカ同士のじゃれあいやサメにかまれたりとけっこう傷が多いことにびっくり。



何度も潜りました。
深くは潜れないけど・・・自分の身長+αぐらいしか潜れてないけど・・・
最高です!!
イルカの傍に寄り添いたい・・・と遅れをとりながらでも横向きになっていると、
イルカの傍にいる・・・というだけで、息苦しさを少し忘れ・・・ただ泳いでいました。
イルカの目が私の存在をとらえて、みているのを感じる・・・
これほど嬉しい瞬間はなかったです。

そして、真っ青な海に白い生き物・・・。
赤ちゃんです!!
きれい・・・。傍にいくことはできなかったけど、きれいで、天使のようで・・・。
ママイルカに守られながら、泳いでいました。

最高のひと時
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-28 21:56 | 御蔵島
2006年 06月 28日

御蔵島日記~夢叶う①

6月19日(日)
お天気は晴れ。青空が広がっています。
風も気持ちよく、そよそよと吹いている程度。

朝、目がさめると、もうドキドキが始まっていました。
どんなことが待ってるんだろう・・・
はたして泳げるのか・・・
シュノーケルで泳ぐのは初めて・・・・
いろいろな不安とどきどきと・・・。

ガイドのTさんが迎えに来てくれて、いざ出発!!!

桟橋にいき、ガイドのTさんからドルフィンスイムについての説明と注意点などを聞き、いざ・・・海へ!!!船頭のOさんが笑顔でむかえてくれました。

海の状態はかなりよく凪。
船からみえた海の青さにびっくり。
’なんて青なんだろう’・・・・そこにトビウオが飛んでいて。きれかったぁ。
d0028749_2185663.jpg
島のまわりを船で・・・。
ここは島なんだ・・・と改めて実感。

d0028749_21103417.jpg
岩肌に生えている木々。
濃い緑・・・。
風が吹くたびにその葉が波打ちます。
その様子はまるで島が呼吸をしているようで・・・思わず見入ってしまいました。

島は生きている・・・。

島の鼓動を感じたような・・・そんな大きな島に見守られながら、イルカたちは生活しているのかな・・・と思いをはせたり・・・。





ドルフィンスイム初めて組みの私、歯医者さんチームのUさん、Kさんのために少し潜る練習time。その練習だけでも感動。
なんて青い海なんだろう・・・・。
こんな青は初めて・・・。
太陽の光が’これでもかぁ~’というほど差しこみ、海の中には光のカーテン。
そして、言葉にならないほどの透明感のある青・・・。

ここで、ここでイルカたちに逢えるのか・・・と思うと、もう言葉になりませんでした。

そして、いよいよ・・・・夢が叶うときが・・・・。

夢叶う・・・。
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-28 21:28 | 御蔵島
2006年 06月 24日

御蔵島日記~出会い

素敵な夕日をみて、あとはお風呂に入って、寝るだけさぁ~と
お部屋にもどり、のんびりとくつろいでいました。

私以外にもお客さんが3人。なんと歯医者さん!!
島には歯医者さんが月に1回、あるいは2ヶ月に1回というやや不定期なペースでやってくるそうです。とある大学病院の先生方が1週間滞在して診察するそうです。
その歯医者さんチームが泊まっているとのこと。

私はそんなこと、すっかり忘れて、、、だって歯医者さんはお仕事で来てるわけだし、時間も合わないみたいだから、会う機会もないかなぁ・・・なんて思ってました。

ところが、、、、お風呂に入って、、、さぁ、歯を磨いて寝るかな・・・と洗面所にでたところで、散歩?から帰ってきた歯医者さんとバッタリ!!

「あっ、一緒にサッカー観戦しません?」と歯医者さんの一人が声を・・・。
そして、他の方も「ぜひ、ぜひ・・・」

これも縁だ・・・と、、、、
歯医者さんチーム3名とご一緒させていただくことになりました(笑)。

歯医者さんチーム
Uさん・・・歯科衛生士さん、かわいいおねーさん。
Kさん・・・歯医者さん、頼りになるおにいちゃん。
Nさん・・・歯科技工士さん、御蔵島には12回も診察に来ているとか。島の方々と仲良しで、御蔵のガイドもできる勢いでいろいろ知っている。一緒に悪さ?をする仲間って感じ(笑)。

3名とお酒を飲みながら、サッカー観戦?
どうして私が御蔵にやってきたのか・・・という話を聞いてくれたり、とにかく笑いまくってましたね。3人のテンポというか、3人のチームワークが最高で!!!

ちょうど島に来て半分ぐらいで、明日はお休みの日だとか。
なんと同じ船でドルフィンスイムの予定ということもわかり、なんだか盛り上がりました!!
Nさんは何度もドルフィンスイムはやっているとのこと。他のおふたりははじめて。わくわくです♪
宿にある御蔵の歴史をみてみたり、Nさんは宿の常連さんでもあるので、おいてあるビデオについても説明してくれました。

この歯医者さんチームとご一緒できたことはかなり大きかったかもしれない。
私の10数年の夢について真面目に聞いてくれて、そしてその夢が叶ったことをどれだけ一緒になって喜んでくれたか・・・。
嬉しかった。。。。

残りの2日は歯医者さんチームとのエピソードも盛りだくさんです(笑)!!!
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-24 17:50 | 御蔵島
2006年 06月 24日

御蔵島日記~上陸②

うとうとしていると、、、電話が!!
「ご飯ですよぉぉ」との嬉しい一報☆

お腹がぺこぺこだったので、急いで食堂におりていきました(笑)。
カメラにおさめそびれましたが、、、、
とってもおいしい食事でしたよぉぉ!!
[メニュー]
タカベ(焼き・お刺身)
めちゃくちゃ美味しかった!タカベはあぶらがのってて、焼いているけどまるで唐揚げにしたような感じ。お刺身も食べやすかったぁ~!

アシタバの胡麻和え
d0028749_17131470.jpgはじめての明日葉。独特でクセがあるけど、おしかった。ほろ苦い感じがいいのかな~!!
アシタバ入りかき揚げ
これも美味しかった!!甘いサツマイモとほろっと明日葉の苦味がいい感じ!!

油揚汁
もち米をお湯で練って作ったお餅を油(昔は椿油)で揚げた、御蔵島伝統のお料理。御蔵島でとれた岩海苔と一緒におしょうゆ仕立てにした汁もの。
これがまた、、、おいしい!!!岩のりの香と、おもちと・・・・かなり好きかも☆

限定何個・・・というお豆腐
しっかりしていて、食べ応えがあったなぁ。お豆腐好きとしてはたまりません!

御蔵島でとれたたけのこ
お酢の物
おつけもの

贅沢な食事でしたぁぁぁ。もう食べられない!!っていうぐらいいっぱい食べました!!

ふと外をみると・・・赤い・・・???
夕日が・・・・

島の夕日
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-24 17:30 | 御蔵島
2006年 06月 24日

御蔵島日記~上陸①

6月18日(日)
約15時間の船旅を経て・・・ついに御蔵島に・・・。

曇りのお天気、そしてパラパラと雨。
船をおりると、迎えにきている人たちがみえてきました。
はじめての御蔵島・・・はじめて出会う人たち・・・。
宿のおばちゃんが迎えに来てくれているはず・・・きょろきょろと宿の車を探しました。

すると、若い女の子2人が「mimozaさんですか?」というので、<はい!>「残りの7人の方も降りられましたか?」<へ?7人???>「はい・・・」<えっと、私は一人で来ているんですけど・・・>と、どうやら同じ姓で7人グループの方がいたようで、間違われてしまいました(苦笑)。それはそれですごい偶然・・・今回は偶然が多い???(笑)

ふっと、もう少し奥をみると、、、宿の車とおばちゃんが待ってくれていました!!!
「mimozaさん?」<はい!!>「よかったーーーーー」と笑顔!!
そして、車でひとまず宿に。
「ほんとに着いてよかった~!!疲れたでしょ!とりあえず休憩してて~」とお部屋に案内してもらいました。元気いっぱいのおばちゃんに、なんとなく気持ちがほぐれました。やっぱり初めての土地、人・・・どこか緊張していて・・・。

お部屋で、なんとなくぼーっとしながら荷物の整理を始めました。
下をむくと・・・揺れている・・・身体がずっと揺れていて・・・長い船旅の影響だなぁと苦笑。
なんとなく荷物を整理して、ごろん・・・と。
外は風があり、雨がきつくなったり、和らいだり・・・。
うとうとし始めたころ・・・
「mimozaさーーーん」と聞いたことのある声。
部屋をでると、船頭さんが来てくれました。
「はじめまして~」<はじめまして~>と挨拶。電話ではお話していたけど、実際に会うのは初めてで・・・。明日は朝から船はだせそうです・・・と、明日の予定などを教えてもらいました。
そして、今日はゆっくりと・・・と近くには観光案内所でいろいろイルカの本とかもありますよぉとの情報も教えてもらいました。

再び部屋にもどってうとうと。やっぱり身体は揺れているけど、少しの間眠っていました。

どれぐらいうとうとしたのか・・・目がさめて、外をみると雨も止んでいるようだったので、島の中を歩こう!!とカメラと事前に用意していた地図をもって外に☆

~島散策
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-24 17:06 | 御蔵島
2006年 06月 22日

御蔵島日記~船旅②

6月18日(日)
外は雨、すごい風;

4時過ぎ・・・「三宅島で降りられるお客さま・・・」のアナウンスで少し眠っていたことに気づく。つづいて「御蔵島は欠航・・・・」というアナウンス。

うぅぅぅ、わかっていたよ、覚悟はしていたよ・・・・でも、、、、、やっぱりかぁ。。。。
そしてけっこう揺れているため、めったに船酔いしない私もちょっと気持ち悪くなっていました。眠れていないのも影響していたんだろうな。。。
酔い止めを飲むために軽く朝食・・・。

そしてボーっとしていると、、、なにやら見覚えのある島が・・・・。
急いでカメラをもってデッキへ!
すごい風に吹き飛ばされそう。手すりには近寄れず、とりあえずドアにもたれながらふんばってました。細かい海水が風とともにふくつけてきて・・・これは・・・天気悪すぎ;

目の前に見えてきたのが、私が憧れて、憧れて、憧れてきた御蔵島。。。。
d0028749_2151949.jpg
おもい雲が島を覆っていました。
何人も寄せ付けないような雰囲気さえ漂っている御蔵島。

d0028749_21523350.jpg
じっと眺めていました。
本にあったように、自然の厳しさを垣間見たような気持ちになりました。

自然には逆らえない。
こういったことも含めて御蔵島に惹かれている自分を感じました。


d0028749_21561151.jpg
写真ではなくて、御蔵島をみることができたことだけでも感謝だな・・・って思うと、不思議と涙がにじんできました。
しばらく強い風を浴びながら御蔵島を眺めていました。

再び御蔵島へチャレンジ
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-22 22:20 | 御蔵島