みもざの小道

mimozaroad.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 22日

御蔵島日記~船旅②

6月18日(日)
外は雨、すごい風;

4時過ぎ・・・「三宅島で降りられるお客さま・・・」のアナウンスで少し眠っていたことに気づく。つづいて「御蔵島は欠航・・・・」というアナウンス。

うぅぅぅ、わかっていたよ、覚悟はしていたよ・・・・でも、、、、、やっぱりかぁ。。。。
そしてけっこう揺れているため、めったに船酔いしない私もちょっと気持ち悪くなっていました。眠れていないのも影響していたんだろうな。。。
酔い止めを飲むために軽く朝食・・・。

そしてボーっとしていると、、、なにやら見覚えのある島が・・・・。
急いでカメラをもってデッキへ!
すごい風に吹き飛ばされそう。手すりには近寄れず、とりあえずドアにもたれながらふんばってました。細かい海水が風とともにふくつけてきて・・・これは・・・天気悪すぎ;

目の前に見えてきたのが、私が憧れて、憧れて、憧れてきた御蔵島。。。。
d0028749_2151949.jpg
おもい雲が島を覆っていました。
何人も寄せ付けないような雰囲気さえ漂っている御蔵島。

d0028749_21523350.jpg
じっと眺めていました。
本にあったように、自然の厳しさを垣間見たような気持ちになりました。

自然には逆らえない。
こういったことも含めて御蔵島に惹かれている自分を感じました。


d0028749_21561151.jpg
写真ではなくて、御蔵島をみることができたことだけでも感謝だな・・・って思うと、不思議と涙がにじんできました。
しばらく強い風を浴びながら御蔵島を眺めていました。





d0028749_2205910.jpg
その後、順調に進み三宅島へ。
デッキへでると少し硫黄のにおいもしました。
マスクが必要だというアナウンスに・・・現実を感じました。

d0028749_2211890.jpg
場所によってずいぶん風もましで・・・。
さてさて、八丈島までの旅はこれからだぁぁぁ・・・と。

少しソファに座ってぼーっとしていると、私の向かいで寝ていたおばさま2人が朝食timeを。御蔵につかなかったことをとっても残念がってくれて・・・。
長い旅だし・・・とご自分のおにぎりを午後の分にどうぞ・・・と言ってくださったり。
念のためいろいろ準備していたので、遠慮させていただきましたが、その優しさにこころがあったかくなりました。

船室に戻り、さすがにほとんど眠れていなかったため眠気が・・・。
そして眠りに・・・・。

気がつくと、もうすぐ八丈島とのこと。
御蔵島の宿のおばちゃんにTEL。おばちゃんが悪いわけではないのに、朝便が欠航してしまったことを謝ってくれていました。その言葉にちょっぴり涙(よくなくなぁ・・・最近)。
<でも、三宅島も八丈島もみれて、ちょっとラッキーですよね。いい経験になったし・・・>と私。
そして、とりあえず八丈島からの折り返しで再度チャレンジすることを伝えました。
すると「ついたら迎えに行くからねーーー」と。
「でも、もしダメだったらもうキャンセルしようね」とのこと。
こころのどこかで昼便も欠航になったら、もう一度東京から船に乗ることも少し考えていたんですが、それはやめておこう!とおばちゃんの言葉。
島の人の言葉には重みがあります。
昼便が欠航になったら今回はキャンセルする・・・ということにしました。

そして、船頭のOさんにもTEL。


d0028749_22103666.jpg
どうなるのかな・・・・との思いの中、八丈島に。
少し晴れ間も見えてきています・・・。
午後は・・・・御蔵につくだろうか・・・・。

d0028749_2212093.jpg
おじいちゃんやおばさまを見送り、しばらくぼーっと過ごしました。
午後からも「条件付き」とのこと。
こればっかりはどうにもこうにも・・・・ただただ祈るばかり。

確かに御蔵島を見ることができただけでも・・・という思いもあったけど、
やっぱり島に行きたい・・・という思いも時間とともにむくむくと・・・。

再び東京に向けて船は出港。
『海暗』を読みながら、そして眠りながら・・・過ごしていました。

御蔵島到着予定は13時20分。そろそろ13時間前だというのに、船内には何のアナウンスも流れない・・・。
ダメなときは、早々と欠航のアナウンスが流れるはずだし・・・
少しずつ期待が・・・。どうなるのか・・・。ほんとにどうなるの????

そして、プツ、プツ・・・とアナウンスの流れそうな音が・・・
「御蔵島で降りられるお客様・・・まもなく・・・ご用意ください~」
その瞬間、、、和室に歓声が!!!
私も飛び上がってしまいました!!
急ぐ必要もないのに、降りる準備をして・・・・。。。。

あーーーー御蔵島に行けるんだぁ!!!!!
もう疲れも何もかもが吹っ飛んだ瞬間でした。

今、こうやって思い出して書いているだけでもウルウルしてきてしまった;
それぐらい待ちにまった御蔵島入りなのでした!!!

つづく
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-22 22:20 | 御蔵島


<< 御蔵島日記~上陸①      御蔵島日記~船旅① >>