みもざの小道

mimozaroad.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 22日

御蔵島日記~船旅①

6月17日(土)
大阪はくもり/晴れ⇒雨。
梅雨だし、雨は覚悟の上。当然さ・・・と思いながらも、東海汽船は御蔵島につくのか・・・と不安がよぎっていました。
そんなときに、お世話になった船頭さんOさんからTEL。「船は御蔵につかないかも・・・」
不安とともに出発・・・。

新大阪につくと、なんと中村玉緒をみかけました(笑)。
これは運がいいのか???
こんなこともあるんだなぁなんて思いつつ、お弁当を買って新幹線に乗り込みました!

全て一人で計画して、初めての場所に行く一人旅は初めて・・・。
どきどきと不安と・・・お弁当を食べた後も眠ることはできず、落ち着かないまま外を眺めていました。

そして東京駅に。
すると、これまたすごい偶然が・・・。ゴロゴロと荷物をひっぱっていっていたので、エレベーターに乗るためにエレベーターのところに行くと・・・・あの『五体不満足』を書いた乙武さんがいました。びっくり!

これは・・・・やっぱり運がいいのか???なんて思いながら、JR山手線で新橋へ。そしてゆりかもめにのって竹芝に向かいました。d0028749_21174658.jpg


やってきました~竹芝桟橋!!!ガイドブックにのっている光景にどきどきでした。

d0028749_21171430.jpg
待合には釣りのお客さんでいっぱいでした。どうやら18日かに三宅島で釣り大会があるとか・・・。たくさんのおっちゃんに・・・少々びびってしまいましたが;
予約表を乗船券にかえてもらい、後は船にのるだけ。
受付のおねーさんには「条件付ですが」と念をおされ・・・アナウンスは「御蔵島は~条件付~」と・・・。
時間までちょっぴりお買い物を。竹芝桟橋についたら必ず買おうと思っていた本『みくらの森は生きている』を購入し、いざ船へ~!!






はじめての船旅。パラパラ雨が降る中の乗船でした!

私は2等和室。噂では聞いていましたが、お隣さんとの距離がめちゃくちゃ近くて・・・ちょっぴり・・・。でも、私は隅っこだったのでちょっとラッキー。左横は八丈島に23年住んでいるという83歳のおじいちゃんでした。向かいにはおばさまの2人旅チーム。こちらの方も八丈島に行くとのこと。

簡単に船内を見学して、楽な格好に着替えて船室に。
毛布を2枚かりて、寝る準備も万端。
少しおじいちゃんとおばさまとお話time。
御蔵に行くというと、「条件付き」ということでえらくみんな心配してくれました。

11時半の消灯まで少しあったので、船で絶対読もうと思っていた本『海暗(うみくら)』(有吉佐和子著)を読み始めました。
御蔵島を舞台にした物語で、有吉さんが実際に3週間ほど御蔵に滞在して書かれたそうです。「海暗」という言葉にはいろいろな説があるようですが、海暗=御蔵や、三宅島と御蔵島の間に注ぎ込んでいる黒潮のことを海暗と呼んだとか。
読み始めると、御蔵島の歴史を読んでいるようでした。そして自然の厳しさなども伝わってきて・・・なぜか益々御蔵島に惹かれていきました。

同じ和室では釣りのおっちゃんたちが宴会、宴会、宴会・・・。どのフロアに行っても宴会;
これはすごい;お部屋じゃないところでも宴会・・・毛布ひいて飲んでるし。

それでも12時ごろにはずいぶん静かになり、みなさん夢の中へ。。。

そんな中、私は眠れず。。。はじめてづくしで緊張もあって身体はとっても疲れているんだけど、頭が冴えわたり・・・明日のこと、欠航になったときのことを考えたり、いろいろ思いながら、うとうと、うとうと。

それにしても、、、よく揺れるなぁ~;

つづく。
[PR]

by mimoza_road | 2006-06-22 21:45 | 御蔵島


<< 御蔵島日記~船旅②      ただいま♪ >>