みもざの小道

mimozaroad.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 25日

夢。

夢をみました。

なんとなくしんどい気持ちになって目覚めてしまう夢・・・もありますよね。そういう、どうしても見たくなかった夢をみていました。ほんとにみたくなかった夢・・・。

でも、その後、続けてもう1つの夢をみました。

あたたかな陽射し、そして青くて青くて・・・どこまでも青い海。
d0028749_22423925.jpg

(きっと、以前にもupしたことのある写真だけど・・・イメージにぴったりくるものがなくて;)

水面は太陽の光でキラキラしていて、どこまでも続く青い海・・・・。
すごい波がきても、へっちゃらだった。ほんとにすごい波でのみこまれてしまうはずなのに、夢はすごい!!!へっちゃらで、ボートに乗りにいってました。
そして、器材のセッティングをしているらしい状況・・・謎のほかの人たちはエントリーし始めていて・・・早くエントリーしたいのに~ってところで、目が覚めました。

目を閉じると、今もまだあの青い、青い海が目に浮かびます。キラキラ・・・青い、青い海。








なんとなくその夢から連想・・・昔コーラス部で歌った1つのうたを思い出しました。
谷川俊太郎作詩の「未来」に曲をつけたもの・・・。
d0028749_22542334.jpg

「青空にむかって、僕は竹ざおをたてた。
 それは未来のようだった。
 決まっている長さをこえて、どこまでも・・・
 青空に溶け込むようだった。
 青空のそこには、無限の歴史が昇華している。
 僕もまたそれに加わろうと・・・
 青空のそこには、とこしえの勝利がある。
 僕もまたそれを目指して・・・

 青空にむかって、僕は竹ざおをたてた。
 それは未来のようだった。
 決まっている長さをこえて、どこまでも・・・
 青空に溶け込むようだった。

 青空にむかって僕はまっすぐ竹ざおをたてた。
 それは未来の、とこしえの勝利・・・・。」

どうしてこの曲を思い出したんだろう・・・。青い、青いキラキラした海と、青空のむこうにある未来・・・何かそこに共通のものを感じたからかな・・・。

「決まっている長さをこえて、どこまでも・・・青空に溶け込むようだった。」・・・・この部分が好きだなぁ!!決まっている竹ざおの長さをこえて、さらにその向こうにある青空に溶け込むような感覚・・・なんとなくわかるような気がする・・・。

海の青、空の青・・・・包み込む優しさと、未来への希望・・・。

しんどい夢もみたけど、未来へとつがなりそうな海の夢・・・大切にこころにとめておこう☆


(コーラスの歌から詩を書き出したので、区切り方や漢字の間違いがあるかも・・・。すみません。この詩のきちんとしたものが知りたいんだけど、知っている方・・・いませんかね~???)
[PR]

by mimoza_road | 2005-09-25 23:09 | 日記


<< 鬼ごっこ。      ☆ Special thanks ☆ >>